WordPressとは?

WordPressとは、開発の知識が無くてもホームページ制作をできるサービスです。デザインスクリーンで見ながら編集出来るので、初心者の方でも簡単にホームページを制作できます。

 

WordPressは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)を利用しており、開発知識が無くてもホームページの管理やコンテンツの変更、画像の変更を簡単にすることが可能です。

 

WordPressの機能と特徴

WordPressでは、開発知識がなくても、ホームページを制作することが出来ます。

WordPressにはプラグインという機能があり、セキュリティーの設定やホームページテンプレートのプラグインをダウンロードすることで簡単にホームページに反映できます。

 

WordPressを使用すれば、コーディングなどを使用しなくても、簡単にホームページが作れるのが、特徴です。

 

WordPressのプラグインデメリット

すごく便利な、WordPressのプラグインですが、WordPressのプラグインを沢山のダウンロードしてしまうと、サイトの速度が下がる場合があります。

 

WordPressのプラグインを複数使用すると、お互い攻撃し合ってホームページが動かなくなる、または上手く機能が反映されなくなる事もあります。

 

プラグインは、定期的にアップロードが必要ですが、以前まで動作していたものが、プラグインをアップデートした事により、動かなくなる事もあります。

 

WordPress保守とは?

企業で、WordPressを使用する場合は、WordPress保守をお願いする必要性があります。

 

WordPressで使用されているプラグインは、プログラミング言語を使用しています。なので、WordPressのサイトで動かない時や、エラーが起こっている時には、WordPress保守をプログラマーの方にお願いする必要があります。

 

プログラマーの方であれば、すぐに動作不動を直すことが可能です。例えば、初心者の方だと、3日かかるものもプログラマーであれば、数時間で解決できることがあります。

 

会社のホームページが長時間デザイン崩れをしていると、企業の信頼にも影響していきますので、WordPress保守は外注することをオススメします。

 

WordPress保守の外注するメリット

「昨日まで、正常にホームページが動いていたのに、今朝見たらデザインが崩れている」という事もなきにしもあらずだと思います。

 

そういう時に、WordPress保守の外注がオススメです。ホームページを修正するのは、プロのプログラマーになります。

短時間で、元のホームページへ修復が可能です。コーポレーションサイトや、広告サイトではデザイン崩れやシステムエラーが大きな損害を与えます。

 

もし、あなたの会社で、WordPress保守の外注をしていれば、問題が起こった際にすぐに対処する事が可能です。

 

WordPress保守の外注は、比較的安価で出来ますので、ホームページを所持している企業は、検討して見てはいかがでしょうか。

 

WordPress保守の外注費用

 

WordPressの保守費用に関しては、月額で支払う場合が多く、費用に関しては、会社や保守内容にもよりますが、月額30,000円~100,000円になります。

 

WordPressサイトを放置しておくと、サイトをハッキングしてくる人もいるので、WordPressの保守費用はあなたの会社のホームページを守る費用になります。

 

WordPressが動かくなった

WordPressでは、突然画面が白くなったり、画面が動かなくなったりする事があります。その際には、プログラミングの知識が必要になります。

 

コードの中に、1つでも余計なものが入っていると機会が、エラーと見なして画面を白く表示させている場合もあります。

 

プログラミングに関しては、初心者の方が1から学ぶと時間がかかるので、WordPressの管理は、外注しておくのがオススメです。

 

WordPressが動かない時の解決方法3つ

 

1カスタマイズした物をもとに戻そう

WordPressでは、視覚的にデザインを変更できますが、裏ではプログラミングが動いています。

一部をカスタマイズする事で、裏のプログラミング上で問題が起こっている事がありますので、スクリーンがエラーで表示されない場合は、元に戻しましょう。

 

2.プラグインに問題がある

複数のプラグインを一度に使用すると、プラグインが喧嘩をして、WordPressサイトにエラーが出る場合があります。

その際には、1つずつプラグインを停止していく必要があります。

 

3.サーバーに問題がある

WordPressが動かない際には、サーバーに問題がある場合があります。サーバーは、常にアップデートされていますが、アップデートによっては動作しない場合もありますので、WordPressサイトが動かなくなった際には、サーバー会社に確認しましょう。

 

WordPress保守は外注しよう

近年コーポレーションサイトや、ECサイトやホームページなどで、多く使われるようになったWordPressですが、一度制作したら、そのままにしておくのは、危険です。

 

最新の状態にアップデートされていないホームページは、「攻撃してください」と言っているようなものです。

WordPressの外注はぜひプロの方にお願いして、最新の状態に更新してもらうようにしましょう。

[CP_CALCULATED_FIELDS_VAR name=””][CP_CALCULATED_FIELDS]